電源オンになるのはいつか。

目が覚めたときが目覚めた時、

何だそれは?当たり前じゃないかと言われるかもしれません。

しかし私みたいなタイプは、

眠気から覚めた時の目覚め方ではなく、

目があいたから目が覚めたわけではありません。
問題は目が覚めた時に起きれるかどうかなのです.

誰でもそうですが、眠気が覚めてきたから、おきてそこからの行動はすぐにできるということでしょ?
私の場合は、

眠気が覚めて、

目が開いたときに

つぎに行う行動は起きれない・・・

ということ。

おきたくてもおきれないので、

体は起きているんだけども.

そして起きているんだけれども、

立ち上がれないんです。

で、電源を切った機械かのように、

私自身の心は動いていても、

体が動いてくれないんです.
この辛さってわかるでしょうか.
どうやったら私の電源を ON にしてくれるのでしょうか.

そこを知りたいわけです.

そこがなおってしまえば

普通ひとと同じなのですから.

ここが症状だったり、

病気だったり、

障害だったりすると、

本当に電源のオンをしていたとしても、

オフのままの状態なるわけですから、

これほど辛いものはないんですよ.

すっきりと一度でいいから目覚めて立ち上がって見たいなと思います。

私のためにかいてくれた本?

快眠に繋がる方法を、

この前図書館から借りてきた本に書いてありました.
なんとそこには、

「牛乳を温めて飲めば良い」と書いてありました.

これはどうやら意味がないわけではなく、

科学的にも証明されているようで、

牛乳の成分が眠りを誘うためにちょうど良いというか、

ちょうどいい塩梅になるようです。
なるほどと思いましたが、これは別に取り立てて新しい情報というわけではありません。

以前にも多分紹介したんじゃないかなと思います。
しかし、それがポイントではなく、

牛乳を飲めば眠れるとか、快眠がとれるという意味で、

私がここで言ったのではないのです.
牛乳の飲み方や牛乳のその温め方とかが、

すごくこだわった本だったのです.

なるほどこんなあたためかたかとか、こういう方に飲めば眠たくなるのかとか.

本当に目からウロコだったのです.

それが結果的に良いとか悪いとかではなく、

こういうふうにとればよいという発想を

いい意味で覆してくれたところが私にとってはすごくうれしかったのです.

私のためにわざわざ書いてくれた本なのかなぁ?

なんて思ったりしました.

2つの仕事

仕事という観点で見てみると、

まずは眠ることをこの作業ができてないので、

仕事としては成り立っていないことになります.
次に、目覚めるということです.

これもすんなり目覚めることができない仕事としては、

できていないということになります.
例えば朝仕事に来た場合にパソコンに向かう、

そして夕方帰る時に次の日の品物の確認や、伝票整理などすべてを行っている時に初めて、

仕事をしたというのではないでしょうか.

つまり最初と最後の行為ってすごく大事だと思うんですよね.

それで考えると私の場合は、

眠りにつくことも朝目覚めることも、

どちらも失格だといえるのです.

真ん中の地点について、寝ているのでわかんないのですが、そこの眠りの質を改善したとしても、

おそらくこれについては変わらないのです.
ここが一番やっかいなもので、快眠日記として考えていかなければならないです.

単に眠るのではなく、あくまで心地よく眠るということ。

そしてすっきりと目覚めるということ。

ここなんですよね。